光の旋律 − 土井久幸ヴェロンの仕事展

新たにヴェロン會の同人となる土井久幸の個展が開かれました。

2019年6月3日(月)ー6月14日(金) 日曜休廊 高輪画廊

土井さんは昨年2018年の夏にヴェロン村に滞在し、取材してきました。今回の出品作はその時の取材がもととなっています。

同画廊では初めてとなる個展です。並んだ作品はほとんどがクレパス(オイルパステル)で描かれています。

柔らかな光の感触が伝わってくるようです。

奥のスペースでは昨年2018年の取材情景を捉えたVTRも流れています。現場で手早くスケッチを重ねる様子を映像作家の徳田真也さんが撮影したものです。

また同じ和歌山出身の片山美穂さんの日本画作品も並んでいました。

恒例のオープニング・パーティー。画面中央が土井久幸さん。乾杯の後は佐々木毬奈さんによるエレクトーンの演奏も行われました。